親子の気持ち。娘から母へ。

個人的な話になりますが

私は親孝行な娘だと自負しています。
子供の時から、特に母に尽くしてきたと思います。
疑問を感じ始めたのは私が未亡人になったころからです。
20170220120745415.jpg 
 


sponsored link


私が未亡人になったことで、
身軽になったと思ったのでしょうか
母の私への密着と依存が加速して私はつぶれそうになりました。

心が壊れそうになった私を救ってくれたのが
母の当時のケアマネさん。
20170220120726010.jpg 
「離れて暮らさないと、親子がダメになります」と
厳しく忠告してくれました。

いやがる母を私は強制的にホームにいれました。
良心の呵責で私は苦しみ
寝込みました。

苦労の人生を歩んだ母のために親孝行が使命だと思って
私は育ちました。だから頑張りました。
20170220120736199.jpg 
昨年末に母が危ないと言われて、動揺と覚悟の中で
母を愛おしく思いました。
その後、母は命の灯をつなぎました。

「後悔のないように母をみよう」と思いつつ、
どうすれば後悔のないようになるのでしょう。
「悔いのないように・・」ってどうしたらいいのかしら。
仕事を休み、全面的に寄り添えば自分の心が満たされるかしら。

よくわからないけれど、ブロ友さんも言ってくれたように
きっとわたし、今がベストなんだと思いたい。

「おかあさん、私は子供のときから、あなたの苦労話をきいて
親孝行が私の生きる目的のように思えました。
命の灯が消えかけているのに、ごめんなさい。
あなたの命が、どうしようもないぎりぎりまで、私は自分を第一にして
暮らそうと思います」

20170220120716483.jpg 
今後、弱った母をホームでは世話ができないと断られたら
その時はその時で考えよう。
私は自分を責めないでいよう。



「PEEPO!」PUFFIN BOOKSより





sponsored link


同じカテゴリの記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  タグ:  親孝行  娘と母親  苦労話  母の命

この記事へのコメント

sponsored link


- うめさんへ - 2017年03月02日 12:14:15

うめさん、コメントありがとうございます。

ああ、うめさんのお話、救われます。

わたし、できることはしてきました。
今、ガツガツとお寿司が食べたい。

ホームの職員さんが
全員で話し合ったそうです。
「お母さんの看取りはできない」と。
それからの私は頑張りました。
たくさんの情報収集に励み、母と私のための
「看取り」の道を模索。疲れました。

うめさん、そうですよね、私が元気でいることが
母だって望んでいることですよね。

- うめ - 2017年03月02日 06:50:18

もりんさん

子供は生まれた瞬間に両親への恩返しは済んでいるそうです。
自分が親になってみて思うのは、子供が元気でいてくれるのがなによりの宝。

もりんさんが幸せで居ることが、なによりの親孝行だと思います。

- 鍵コメMさんへ - 2017年02月25日 19:53:37

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

はい、子供の時も
大人になっても、どこかに苦痛と疑問は
ありました。
「いい子」って大変です 笑

そして母を強制的に、しかも
突然にホームにいれたので
自分で自分を責めて苦しかったです。

母は、いやがっていましたが
結局、私を責めなかった。
いつかは、帰らせてくれると願っていたのではないかなあ。

親子って、最後が難しいですね。

管理人のみ閲覧できます - - 2017年02月25日 10:51:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- ぴいさんへ - 2017年02月22日 14:46:05

ぴいさん、コメントありがとうございます。

ぴいさんのお話で私の父のことを思い出しました。
7年もの長い闘病で
亡くなった時は、ほっとしました。
というか、やっと楽になると思ったほどでした。

看病する私と母が完全にまいってしまいました。
あの時も
母の代わりに私が頑張ったのを思い出しました 笑

ぴいさん、ありがとう。
はい、私は今の自分でじゅうぶんできていると
思うようにしました。
後悔はするでしょうが、どうであっても人は
完璧ではないと思えました。

- ぴい - 2017年02月22日 13:56:16

私の父は入院したその日の夜に亡くなってしまいました。
あまりにもあっけなく逝ってしまったので
もっとそばにいて声をかけたり手を握ったりして
あげればよかったと後悔しました。

暮らしを大切に、優先することでご自分を責めないで。
小さいころから十分に尽くしてこられたのだから。

面会されたときにやさしく手を握ってあげるだけでも
思いが伝わることでしょう。


- ラーダさんへ - 2017年02月22日 12:48:38

ラーダさん、コメントありがとうございます。

ラーダさん、親子に必要なものは
私の場合は「距離」でした。

私は母を過保護に過保護に
大切にしました。
だから私が大きな支えだったのだろうと思います。

まさしく「娘やめてもいいですか」といった具合に
ホームに母を入れた時が私の羽ばたきだったように思います。
決して母が嫌いなのではないのですが。
穏やかな低姿勢の母は誰からも、ほめられます。
私も見習いたい姿です。

ラーダさん、いい娘というより普通の娘で接していくつもりです。
ありがとうございます。

- みやこ草さんへ - 2017年02月22日 12:41:49

みやこ草さん、コメントありがとうございます。

貴重なお話、感謝です。
みやこ草さんの当時の様子が浮かび
熱い気持ちになりました。
素敵なお母様だったのですね。

「悔いのない」という言葉が
自分の中でひとり歩きして自分で戸惑っていますが
結局、なにをしても後悔というものは
存在するように思いました。

皆さんのコメントを拝読してなおさら思いました。
これでいいんだなあと。
どうあっても悔いるときは悔いるだろうし。
これは誰にでもあり得るものですね。
ありがとうございました。

- ラーダ - 2017年02月21日 22:32:58

今放送されているドラマで「お母さん娘をやめてもいいですか」というのがあります。
斉藤由貴さんが母親で娘が波留さん。

仲良し親子でずっとお互いが依存しあって生きてきたのに、成長するにつれ、母の愛をいつしか受け止めきれず自分は無理していたんだと目覚める娘・・・
母は自分を認めてくれない母親の影で自分を隠し、ずっと生きてきた・・・。

うちもまぁ、仲良し親子ですが、似た者同士なので揉める事もありました。
それぞれが、それぞれの世界を持ち頑張っているとは思いますが、このドラマにはちょっと無視できない想いがありました。

親子であっても別の人生がありますしね・・・
もりんさんは、もりんさんが後悔しない選択を選んでください

お疲れ様です。 - みやこ草 - 2017年02月21日 18:14:50

私の、両親はどちらも入院先の病院で亡くなりました。
なので、私は介護の経験もありません。
父の時は、まだ・・息子が幼稚園児でしたし。京都の病院でして遠くて・・
小さい子を連れて新幹線で通いました。
帰りに息子が吐いてしまったりした時
周りの皆さんが、良くしてくださいました。

何も大したことは、してあげてないので・・未だに悔やまれます。
もっと、足しげく通ってあげたらよかったと。。。涙

今自分に出来ることを、無理のない程度で良いと思います。
無理をし過ぎて、もりんさんの心が疲れ過ぎたら
逆にお母様は、お辛いと思うのですが。

私の、母は子供に迷惑をかけない素敵過ぎる人でした。
私自身は、過保護に育てられてしまいました。^^;

母の場合は入院して1週間で亡くなりましたので、とても辛いです。
その時は、大阪から京都まで通いました。週3回行きました。
人それぞれに、いろんなパターンの親子さんがおられると思いますが

もりんさんに出来る範囲で、心からしてあげれることが悔いのない事ではないのかな。
どれだけしても、後悔の無い事なんて無いのかもしれませんね。 

文章が下手でコメントが苦手なんです~

- カミさんへ - 2017年02月21日 17:26:40

カミさん、コメントありがとうございます。

カミさん、あの当時のケアマネさんがいなかったら
今頃、私はどうなっていたのでしょう。
ブログを書いている場合ではなかったと思います。

腰の低い物腰のやわらかな母。
だれにでも低姿勢の母。
はい、優しいのだけれど、どこかに娘に強い依存が潜んでいました。
私は長い母の呪縛におぼれていました。
ホームに無理やりいれたのが人生初の
母への抵抗だったように思います。

今は、母は腎盂炎の熱で苦しそうです。
枯れ果てた老体があわれです。
だけど私はきょうも自分の仕事をして自分の暮らしを守っています。
カミさん、ありがとう。

- カミさん - 2017年02月21日 17:11:45

こんにちは

私たちの親世代の人達は、子供は親の所有物のような考え方の人が多いですし、そういう考えを受けてわたしたちも育ってしまいました。
今問題となっている、親世代の過依存や子世代の親離れ出来ない症候群などは、そういうことの延長なのでしょうね。
(わたしも子供の頃は、母に口答えすることなどもってのほかで、母の顔色を見て生活をするような子供でした)
そういう呪縛から逃れるためには、子供は大人になったら親と離れて暮らした方が良いそうです。
お母さまの為にも、ケアマネさまのアドバイスは的確だったと思います。
もりん様はきちんと、その時のベストな道を選んでいらっしゃると思います。
子供には子供の人生があります。
親の介護で子供の人生が不幸になる事は、本末転倒となってしまいますよ。
わたしも母の介護、義父の介護の手伝いと義母の介護、の3つをしてきて、その事を実感しています。

- 鍵コメKさんへ - 2017年02月21日 15:57:15

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

ご心配を感謝です。
はい、今度こそ、自分を責めないでいようと
思います。

母をホームにいれたときの
私の良心の呵責ははんぱではありませんでした。

考えたら、私が頑張れば頑張るほど、
母は甘えてすがってくる。
どこかで断ち切らないといけなかったのかもしれません。
それは私自身のためでもありました。

鍵コメさんがおっしゃるように、たくさんのブロ友さんの
励ましで、今回どれだけ救われたかわかりません。

- 晴さんへ - 2017年02月21日 15:50:05

晴さん、コメントありがとうございます。

晴さんも「いい娘」として頑張っていたのですね。

晴さんがおっしゃるように
<私の気が済むためだったのかもしれません>
母がどう思っているのかわかりませんが
結局、私も私の気持ちを満たすためだったように思います。

晴さん、親子って長い時間のすえに見る景色って単純ではないですね。

母のために自分の大切な進路すらあきらめたわたし。
そういう反感も持ちつつ、愛おしさも感じつつ、感謝もしつつ、
全部まとめて、これでいいのでしょうね。

晴さん、お父様がより良い環境になりますように。

- ヨッシィーさんへ - 2017年02月21日 15:33:53

ヨッシィーさん、コメントありがとうございます。

そうなんです、あのときのケアマネさんが
私を救ってくれました。

母にとっては、嬉しくない決断ですが
ケアマネさんが
「しっかりと気持ちを持って下さい」と
私を諭してくれました。
この機会がなかったら
「また、お母さんと濃密な関係に逆戻りですよ」と。

そんな後押しで母をホームにゆだねました。

ヨッシィーさん、これから母がどのような最後をむかえるか
わかりませんが、私は自分の生活を守ろうと思います。

- 布遊子さんへ - 2017年02月21日 15:28:09

布遊子さん、コメントありがとうございます。

母を突然、むりやりホームに行かせたときの
私は
自分が幽霊のように足がない感じでした。
立てない、歩けないほどに
自分を責めて苦しみました。

母が納得してホームに行く・・・という
余裕はありませんでした。
ひとつだけ空きの部屋がある、今しかないと
言われ、母を説得しないまま
手続きをしたのです。

でも考えたら、私が人生で初めて
母に反抗して母を私から離した瞬間だったのかなあと
思います。

管理人のみ閲覧できます - - 2017年02月21日 15:25:34

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- Yaruqiさんへ - 2017年02月21日 15:19:18

Yaruqiさん、コメントありがとうございます。

Yaruqiさんがおっしゃって下さって
私も思い浮かべました。
夫の両親、私の父、私の夫、愛犬を
私は、見送ってきました。

<自分がその人にしてきたこと、その人が自分に与えたこと、どちらも同等です。 >
今まで考えたことなかったのですが
そうですねえ。
それぞれに影響しあって
<お互いさまで、自然の成り行きだと。 >

なるべくしてなった関係。
自然の経過に任せたいです。
母の人生ですものね。ありがとうございます。

- 鍵コメHさんへ - 2017年02月21日 15:10:35

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

そうですか、お母様が亡くなられて
そんなに長いのですか。

「悔いる」気持ちってどうしてもあるように思います。
でも鍵コメさんのおっしゃるように
「あの時は、これしか無かった」と思いたいです。

今のわたし、今は、これが精一杯なのだと
自分に言い聞かせています。
それにしても親というものの存在って
難しいです。
理屈ではない複雑なものがあります。

私も時々、空を見上げて何かにすがりたくなる弱虫です。

- ラムネさんへ - 2017年02月21日 15:02:39

ラムネさん、コメントありがとうございます。

苦労の連続だったという母に
献身的に仕えた私は
子供の時も、大人になっても
これでいいのだと思っていました。

人生の大きな決断も
母のために自分の希望はあきらめました。
それが悔やまれます。
ただ、私の運命はそういうものなのだと
思えるようになっています。

後悔することって、誰にでもあるのでしょうね。
それでも、おっしゃるように
人は進んでいくのでしょうね。

- - 2017年02月21日 14:34:29

私も母にとってのいい娘でいようと、ずっと頑張っちゃっていました。
闘病中の晩年、地方から片道5時間電車を乗り継いで、
2週間に一度通っていました。
これは今思うと、私の気が済むためだったのかもしれません。
母はどう感じていたのか、労いの言葉は聞けないままでした。
もしかしたら、母はそんなこと望んでなかったのかもしれないですね。

今は父のこと。
父の望んでいることはなんだろう・・・
それを模索しながらやっています。

親としての私は、息子家族に、自分たちの生活を犠牲にして欲しくないと
思っています。

もりんさんがご自分を責めるのは、お母様も望んでないと思います。

- ヨッシィー - 2017年02月21日 13:02:19

こんにちは、もりんさん
母と娘の関係は難しいものがあるのですね
依存されると、重いですね

優秀なケアマネさんがいて良かったですね

もりんさん、子供のときから、支えてこられたのですから
もう、十分と思いましょう 今だけでもね

その時が来たらその時

- 布遊子 - 2017年02月21日 10:34:53

わかります。。
罪悪感で自分を責めてしまう
そんな気持ちもわかります。。
辛いね。
今出来る事、その時その時考えましょうよ。
なかなか難しいことだけど・・・
上手く言葉が見つからなくてごめんなさい。

- Yaruqi - 2017年02月21日 10:33:38

もりんさん、おはようございます。

実の両親と夫の母を見送ってみてこう思いました。

老齢になるまで人それぞれにその人なりの時間を送ってきました。
その人と自分の関係もいろいろです。
自分がその人にしてきたこと、その人が自分に与えたこと、どちらも同等です。

その両方が絡まり合って今の2人がある。
どちらも影響し合っていて、現在の状況は自分がわの理由だけではない
と思ったのです。
お互いさまで、自然の成り行きだと。

冷めた考えかもしれませんが、そう思います。

お母様の人生だと思います。

管理人のみ閲覧できます - - 2017年02月21日 10:04:02

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- ラムネ - 2017年02月21日 07:05:14

もりんさん おはようございます。
今までよく頑張ってこられましたね。

私も後悔しています。もっと何かしてあげれば良かったと。
けれど、献身的な介護を長い間された方でも、ものすごく
後悔されている方が多いです。

悲しいけれど大切な人を亡くしながら人生は進んでいく。
お母様ともりんさんが苦しまず、日々穏やかに過ごせるよう
お祈りしています。

トラックバック

URL :

プロフィール

ナツメ3

Author:ナツメ3
いわゆる未亡人(森須もりん)
闘病の末の夫を看取り、その後
我が子同然の愛犬を16年目に亡くしました。
また、長い介護を経て、母を
グループホームにゆだねました。
子供は独立し、現在、パートの身分。今、やっと周りを
ゆっくり見渡しています。
看取りや介護から、「ひとり始末」を
意識。
後半人生を工夫したいと
シンプルライフ実践中。
体験から「介護する側の立場」の
発信を積極的に、おこなっています。

カテゴリ
タグクラウドとサーチ

> tags
夢見る装い 春の装い ファッション雑誌 慣れ まずいので捨てた 料理を捨てた きゅうり きゅうりの天ぷら 口から栄養 母の看取り 看取り お迎え ダンボのお耳 半身を乗り出す 不幸話 ワイドショー 家政婦さん トーフ ナス ポテサラの団子 胃ろう 入院 点滴 ホームの職員さん 家族側の接し方 ホームとの接し方 小さな動き キャラメル 攻め 辛辣トーク 新人家政婦 ブロ友 3か月 母の入院 病院を探す 母の病院 手編みの靴下 白の靴 春をキャッチ 笑いをこらえる 代わりの訪問 娘の励まし 無駄な正義感 すぐに忘れる 夢見る洋服 憧れのコーデ トーフは切り分け 中華味 手を離して! 母の手 起こして! ファイトカラー 混ぜご飯 山芋の天ぷら しゃべり続ける 号泣のバサマ 恨み言 車を並べる 掃除機を分解 こだわり 孫のこだわり 病名を持つ ご尊名 病院様 脱水症 ふつうのひと 誰になろう チーズをあぶる 受け入れ病院 訪問看護師 死ぬのは難しい 仕事量 暮らしが変化 環境がかわる 部屋をかえる ブルー ピンク 色別に小物 担当交代 ツワモノヘルパー 根負け 老人ホーム 看取る 茶わん蒸し かぶらない献立 ナスの煮物 マックのおまけ 色別に並べる セロリのつけもの 娘と母親 親孝行 苦労話 母の命 イメージの服 封筒 紅茶のティーバッグ スプーン置き 公務員様 転倒 昨日の続き 通院介助 セクハラ 90代ジサマ 病院好き添い 報室 特変なし 簡潔な表現 報告書の書き方 ビンのキャップ 紙遊び 宝物 公務員のジサマ 公務員 誇り高い人 混ぜ混ぜチャーハン トマト味 残り物メニュー ウキウキする空間 シンクの上 棚の中 泣きべそ 簡単な仕事 ヘルパーの成長 実験料理 チーズと明太子 餃子の皮 しいたけ 名刺 肩書 シャチョさん お偉いさん 嘘っぱちの襟 なんちゃってマダム 飾り襟 代行 すき間業 ヘルパーのすき間業 豆腐でチン パルメザンチーズ 模様替え 台所をパズルに 変化を楽しむ 上司に感心 一休さん オーブントースター ウドと牛肉 友人のレシピ 片栗粉 独自の支援方法 一緒に皮むき 雑誌を切る 孫へ手紙 カードを作る ピンチ シフト激減 入院の利用者 プリプリえび 白身 モップ 石鹸工場 水滴取り 余分のサービス 骨董市 コーン 計量スプーン 友人メニュー シャンタン 大根餅 高齢者の恋 奥さんに返す ふられた男 本物 一人の暮らし ハイテンション 寝たきりバサマ スープスキヤキ あおさ海苔 あおさ海苔の雑炊 パントマイム 哲学者 仙人 ピエロ ウーロン茶 つくだ煮 マシュマロ ヘルパーの世界 気づかない アクササリー 変化 二股 添削 シフトを減らす 立ち位置 ヘルパー4年 栗饅頭 和菓子 羊羹 もなか とある県 お手当て 車の事故 恋の行方 ピコ太郎 ひと様の料理 メキシカンステーキ 焼きなす 蒸しダコ 機嫌をそこねる ゴミかご 娘の成人式 成人式の贈り物 動ける 贅沢なひと うらやましい カップ麺の鍋 仕事を選ばない ヘルパーの違い リュック ファスナー 新年の挨拶 実家 民宿もりん 昭和の暮らし 喪服 おみくじ 下水 人が多い 並びの構図 浴室 元旦 年末 おばあちゃん 覚悟 なめられる 大御所ヘルパー 幸せは顔から ラインをひく 髪を巻く 第一発見者 ヘルパー会議 訪問がこわい さくら水産 ゆでだこ 青のり カブチャーハン ヘルパー用語 介護用語 訪室 特変 冷凍レトルト出来合い 手間をかけない クリスマス チャーハン クリスマスキャロル 教育者 和食の店 高級志向 若き大将 バサマの部屋 モテモテバサマ 部屋公開 ロマンチック 上沼恵美子 オムツ交換 バイタルチェック 車いすの母上 三つの失敗 過去の失敗 ゴミ箱 おせち料理 四つ足杖 外出に時間 出かける 戸締り 柚子胡椒 衣にお米 お米の入りから揚げ カブ鍋 カブスパゲティ 柿の卵とじ マスタード 恋話 少女のようなバサマ 歯抜け もてるバサマ 人間関係 正義感 長年のヘルパー お手本のヘルパー モノを眠らさない 収納カゴ 濃い目料理 黒の食器 コンビニの景品 リラックマ 収集 スーパーの袋 コレクション バーニーズニューヨーク パンツ 聞き取り調査 介護度 調査員 キャベツの水切り 創味シャンタン フライドポテト ナスとタコ 濃い目の味 反撃 リベンジ ひとつひとつ とっさの準備 母のこと 依存 執着 高齢の定義 家事をする 素揚げ 家族さん 長電話 身内のケンカ フリーズドライ 普通の暮らし ヘルパー格言 1割負担 オプション モナリザスマイル 里芋ご飯 お焼き レンコンの冷凍 ごまかす フタをする 母を見送る準備 葬儀社 手相 リヤカー 家族葬 グレーゾーン 布団の返品 心理の裏側 衝突事故 被害者 バス会社 イカサラダ ためしてガッテン クリーム豆腐 テレビショッピング ダンボール箱 布団を購入 食欲が減る 母の最期 レベルダウン 介護用靴 ストロバー マジックテープ付き靴 シニア料理 ゴーヤ 音を楽しむ ゴーヤの冷凍 慣れを待て! 慣れる 歩み寄る ヘアーバンド 便箋 手帳 心に残ることば 格言 利用者さんのことば 折り畳み傘 バターケース 無駄 アメニティグッズ 80歳バサマ 小悪魔ちゃん まな板クイーン 横顔 まな板を飾る 料理本 すりつぶす 風変わりメニュー オクラスープ お餅入りオムレツ 昭和の時間 優しいバサマ 昭和の匂い 曲げわっぱ 畳の目 世代のズレ 川ガニ 川ガニご飯 美味しいもの 岸恵子 自分を着飾る 色を揃える まな板の定位置 特権階級 曜日を間違う 行動パターン 電話口 トイレの便座 ヘルパーの神様 どうしようもない高齢者 生ごみ プラスチックごみ 筋肉がない きょうを生きる タマゴサンド 栗のネット サバサンド ピクニック気分 サンドイッチ デイでケンカ ジサマのケンカ ワガママが勝つ 並べる ガラス ミスドのおまけ 他人 肯定が命 郵便物 すねる 否定しない ビデオ タコスパゲティ スパイもの 錦織圭 錦織選手 ケイ君 可愛いジェラシー まーちゃん1号 秘密基地 年代暗記 トイレ 暗号 教科書に載っていない 内股 秘策 もりんウォーク アンパンマン 木の車 グリコのおまけ 料理の主役 メリハリ 料理の脇役 調理の極意 3年6か月 封印 笑顔 低姿勢 仕事バリバリ 雑貨やさん 友人の店 まわりまわって 辞めた先輩 いい仕事 三段重 DEAN&DELUCA トップ氏 組織の長 個別に話す 正社員 いい条件 花瓶 キスチョコ ハーシー 蒸し焼き 黒焦げ グリル 焼き栗 丸焼き 暮らし日記 何も起こらない 静かな家 100点の料理 条件を満たす うわさ話 影の薄い存在 噂のひと ちょい悪ジサマ 交通事故 80代 秋田の曲げわっぱ 静岡のうなぎ茶漬け 醤油スプレー グラスを洗う 輪ゴム 食べ物がない 会話を駆使 高く盛る 料理は広がる 頼られる 兄に頼られる 羽をもつ 自分を解放 調理道具 スライサー 未解決 犯人は? サラダ油事件 真実は闇 心の余裕 沈黙の集中 メッセージ 隠れたメッセージ 発言力 ホテルクリヨン 上七軒 不良バサマ 外出 出たがりバサマ 常習犯 くたびれた 持ち味 皮の持ち手 色あせた こけ方 粘土細工 仕事をゆずる 気楽なヘルパー 戦力外 手間をかける ミョウガ 同じ材料 息を止める トイレに招く ついてない女 骨折 若くない 批判される 昔ながらの料理 自信作 報告書入れ 利用者のワガママ 水餃子 利用者 身内に遠慮 お金でつながる 手紙入れ 本の外箱を収納箱 本の外箱 逆恨み 電話に出ない 認知が近づく 感情が爆発 眠剤 キッチンの変化 鍋は物入れ サマンサ セリア ZARAHOME お香 泥パック 使いまわし 誤解を招く 恵みの色 食べ物の色のチカラ 食べ物の色 変化するキッチン キッチンの空間 涙目 悩みをいう デブ・ブス・ババァ きれいでいたい 似合う服 自信を持つ服 日本の味 向かい懐かしい 一生懸命のズレ 節約気分 接着剤 ファンデーションの粉 先輩 新しいヘルパー 仕事を辞めた人 蒸し器一人用 水切りざる 金ボウル 90歳ジサマ ワガママ 言いやすいヘルパー 教訓 茶こし ショウガすり 食べ方 きれいな食べ方 個性 とうもろこし 介護保険 人柄のいいバサマ 唯一優しい方 就活中 未熟 家はゆるやか タオル ふわふわ たたんで重ねる デイの責任者 和みをつくる 受けねらい クローゼット パリのアメリカ人 仕掛け 優秀なヘルパー スーパーヘルパー 5品 ヘルパーを辞める 解放 ヘルパーは辛い スヌーピー ローソン 召使い扱い 権力とプライド 冷房を使わない 節約 高齢者の熱中症 仕事のストレス 時計のカゴ 衣類の収納 フェリシモの箱 タオルを干す 娘の帰省 ぬいぐるみを洗う お風呂の掃除 毎回の指摘 ダメ出し 穴子ずし 秋田曲げわっぱ 年寄りという自覚 高齢者という自覚 デイサービス 介護食 緑茶で煮る はんぺんのかば焼き 前田義子 フォクシー ヴァンサンカン ヘルパーの喜び 涙が出た ジサマのやさしさ 気持ちのギャップ 洗濯ネット 旅をスマートに 高齢は残酷 気のいいバサマ 便が付着 ポテサラ モノは言いよう モロヘイヤスープ 鎌倉駅 要介護 地域包括支援センター 要支援 飯盒炊飯 ゴミだと言われる 味噌汁の具 冷やし桃 水出し緑茶 茶葉と水 加齢集 高齢者の臭い ダウニー 尿臭 ぬかで掃除 固いクッキー クッキーをつぶす 下で溶ける 形のある料理 メイプルボウル 時短料理 トマトをゆがく 皮むきトマト リボンをつける エルメス カルチエ パジャマ セメダイン 介護保険の見直し 格差社会 干される ヘルパーの現実 洋服が日差しよけ よしず すだれ 言い付けたな! ジサマの怒り 利用者の外出 白菜を切る ゆがいてから切る 時短の料理 キューカンバーウォーター てんかふ むくみ取り こだわりの多様性 利用者のこだわり 洗濯物を干す 東京駅 KITTE 屋上庭園 スクラップアンドビルド インテリを逆手 芥川受賞 食器乾燥 淡々と暮らす マスキングテープ 介護保険の甘さ 介護保険の限界 袋の作り方 手ぬぐい 針糸を使わない 接着剤で作る袋 つぶあん 笑い流す 笑いとばす 高齢者の身内 こしあん 母とドライブ 本はパズル 本を並べる 入れ歯対応 ランチでヒント 油分をからめる ZARAーHOME 二子玉 ドアノブ スイカとトマト そうめんのタレ レタスとチーズ 達成感 シリコンスチーマー 快感とスリル 羞恥心 パンツを干す 利用者のパンツ ヘルパーは目下 定番の服 ゴルフウエア UV色なしサングラス スクラップ・アンド・ビルド ヘルパーの認知度 世間 フキン入れ 収納に鍋 使わない鍋 鍋を使う 絵画の批評 キレたヘルパー 虫けら カゴの上 下鴨茶寮 主役 ポーカーフェイス 下鴨神社 京都 町家の宿 出発時間 安定剤 プチウツ 孫のお宮参り 一軒家 町家 ストール入れ カゴや箱を暮らしに 乱雑に入れる プリティ・イン・ピンク チキチキバンバン 冒険者たち 頑固バサマ どうしようもない 笑ってごまかして うちの台所 仕事着と落差 カメラバッグ 必需品 味の好み 90歳ジサマの煮物 産業革命 プチ・ウツ 掃除ワイパーシート うつ病 仕事を減らす エイリアン 管理者が変わる レンジのない家 プチうつ病 ミスの連続 力がわかない 悩み相談 人参の切り方 ブラックの利用者 甘い考え 整列 三人が別々 あんかけ 我が家のあじさい 洋服をいただく 80歳のご婦人 衣類の処分 うがい薬 肩書のある人 高圧的な人 高齢者が遠慮する人 60分で調理 とろける唐揚げ 柔らかな料理 ベッドから落ちる ベッドの柵 高齢者のベッド 笑顔の食卓 ジサマの彼女さん 米ぬかの袋 怪談よりこわい ドゥ・クラッセ 初夏の装い マダムの装い 時短 60分の調理支援 老い 肩で風切る クリーニング店 大福餅 赤子 娘の出産 普通に感謝 オイルマッサージ じゃばらで仕切り じゃばら 調理道具入れ 新聞紙バッグ ハード 介護用ベッド マットレスが硬い たまごうどん 冷凍うどん 5分 柔らかい献立 時短メニュー 黄身と白身を分ける 和のしつらえ 幽玄の世界 町家の二階 眠れない夜 薬に頼らない 軍歌 おもてなしは驚き お吸い物の椀 コアラのマーチ お金持ちさん 料理の特訓 定番バッグ アフタヌーンティー 東急ハンズ ビールを差し出す 利用者に確認 ヘルパーを批判する 幼子へ手紙 孫に手紙 シール 変化に対応できない 食べ慣れた 変更・変化 使い慣れた 利用者さんびっくり ビックリ箱 メモ帳 喪主になった私 腰を抜かす 新聞にのる カレー雑炊 昔ながらの味 タケノコの煮もの タケノコカレー 声がけの難しさ トーンダウン 新聞紙 ゴミ袋を着飾る 無駄のある暮らし おかず三品 三越の高級肉 台所は作業台 納豆ラーメン 濃厚なラーメン 白い残骸 洗濯機をあける 洗濯支援 尿漏れパット テーブルの下 ハンコの輪ゴム立て ハンコのスプーン立て 高齢者の誤解 ワカメ プロセスを楽しむ 美味しい日本茶 美味しい緑茶 後釜 キッチンの工夫 鍋の活用 鍋の収納 救急車 忍ぶ糸 パリに死す 鍋のフタ フタの存在価値 ガラスのフタ フタのお皿 ガクッと肩を落とす ジサマが失望 私の料理 不快をなくす 大変なオムツ交換 介護する側 本の箱には手紙 本を飾る 本の収納 芋粉 米粉 団子 乳飲み子に母乳 うたた寝 寝袋 目を合わす 新規の利用者さん 80代バサマ 無視 ジサマの親切 里芋汁 思い込み 家の中を見渡す 日常の風景 階段に意識 面白いこと 陶器の絵付け 表情のある食器 表情豊か 収納のアイデア バッグや箱 80歳のジサマ&バサマ 80歳の利用者さん ジサマとの交流 ジサマに見せてあげる 歴史の雑誌 ページをめくる 弱火で揚げる 梅とチーズのデザート トンカツの簡単揚げ方 スキヤキ風肉じゃが トイレコントロール 選んでもらう シフトを増やす ベテランから学ぶ 上司との関わり 家の中の幸せ 吊るし型のレンジ 階段で読書 タオルをたたむ 老いの大罪 仲居さん スクラップブック 簡単文具 お気楽・お手軽 高齢者の恋愛 お風呂掃除 空缶を棚がわり 飯盒炊飯でランチ 失笑グッズ ラッピング コーヒーフィルター チラシを使う 昔の薬折り 煮魚 あんかけ風 普通のレシピ シイタケ オリーブオイルとニンニク オリーブオイル焼き 枝豆 涼しく眠る お好み焼き

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
カウンター
おすすめ