FC2ブログ

これからの暮らしに夢を!

 先日から、今後の私の一人暮らしのことを
書いてきました。
「実家業」の廃業のことも。
家が広くて古くて維持が大変になるという
現実があるからです。
加えて介護と看取りの母が他界したことも拍車をかけました。
20170604170550084.jpg洗濯ものを干しながら揺れる影が未来のよう。

sponsored link
 


娘たちとの共通家族LINEで全員で相談しました。
私の今後を。老後を。

実家がなくなることは全員、寂しいとの意見でしたが
実家を維持する意味はないと結論に達しました。
20170604171202712.jpg 実家ってなんでしょう。
夫の遺骨は海に散骨しましたからお墓はありません。
母も亡くなりました。
この地に住む理由はありません。

娘夫婦が同居を強くすすめてくれました。
有り難いのですが、私と母のような微妙な関係になることはないだろうか。

娘たちとも会える距離に小さく住むことができたら・・・
一番いいと思うようになりました。
20170604170601934.jpg この棚の中も十分に楽しみました。
そう考えると、価値観がガラリと変わりました。
もうモノはいらないのだと痛いほど感じました。
なにが必要かいらないか、様々な線引きも
具体的になってきました。
2年くらいの目標で計画をしたいと思っています。

すみやかに淡々と実行にむかって動きたいと思います。






sponsored link


同じカテゴリの記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  タグ:  実家  実家業  一人暮らし  老後  

この記事へのコメント

sponsored link


- こころんさんへ - 2019年04月10日 18:00:35

こころんさん、コメントありがとうございます。

ご親切にありがとう。

こころんさん、私は今まで
なにもかも突っ走ってきたような気がします。
気がついたら
どどーーーっと、「予定のない未来」に
なだれ込んだような気がします。

今までは、
まだまだ、元気で若かったのかしら。
どこかに実感がなかったけど
最近、しみじみと「不安」というものが
こころにしのびよってきました。
心して生きたいと思います。

こんにちは。 - こころん - 2019年04月08日 16:47:09

もりんさん、こんにちは。
先日は久しぶりのblogにコメントありがとうございました。
もりんんさんの記事は毎日読ませて頂いてました。
お孫ちゃんのセレモニーの時の娘さんの気持ちと
もりんさんの気持ちに涙しました。。。。。
親子でもいろいろな思いがありますね。
老後の事、私も考えます。
主人の実家も私の実家もあり、それが今後大変だと思われます。
なので私たちは出来るだけ子供たちに迷惑かけないようにと思ってます。
2年計画ですね。そのためにお仕事も大変なのに頑張ってあるのですね。
頑張ってください。
もりんさんも娘さん達も幸せな未来をね!!

- 鍵コメAさんへ - 2018年06月14日 17:28:14

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

何度も何度も、繰り返して
読ませていただきました。

私にとっても貴重なお話です。

鍵コメさんのお義母様、なかなか手ごわいですね。
失礼な言い方でごめんなさい。

鍵コメさん、ご苦労されてますね。
周りは、知っていてもご本人であるお義母様は全く、気が付かないで
ひたすら暴走する人生の経験者、
正直、きついですね。

若い世代の人より、逆に人生の長い経験者に
多いですよね。
ご本人は気付かないでしょうね、これからも。
鍵コメさんのご苦労、手にとるようにわかる。

管理人のみ閲覧できます - - 2018年06月14日 10:38:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- 鍵コメPさんへ - 2018年06月06日 07:14:38

鍵コメさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

ご無沙汰しています。
ブログを読んで下さり感謝です。

転職されて、まもないのですね。
お忙しいでしょう。
私は昨年の九月から
大決心で転職しましたが未だに
四苦八苦の状態です。

「しんどい」「休みたい」と弱音を吐きつつ
働いています。早く慣れたいです。
お互いにがんばりましょうね。

管理人のみ閲覧できます - - 2018年06月05日 21:39:37

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- ラーダ・ドゥーナさんへ - 2018年05月03日 16:40:05

ラーダさん、以前の記事にも
コメントありがとうございます。

ラーダさん、わたし、どうなるのかしら (笑)
未来は全く予想がつきません。

母の他界直後、すぐにでも自宅処分を
考えて、遠いところに引っ越しを
予定していたのに・・・・

訪問ヘルパーを終の仕事と決めていたのに・・・
いつの間にか、自宅処分は保留で
事務員になって、朝から夕方まで
拘束される労働者になる・・・・

気楽に未来を運に任せてみたい気もする。
それでは解決しないだろうなあと思ったりする。
中途半端な、今日この頃です。

- ラーダ/ドゥーナ - 2018年05月03日 00:17:23

そうですね
それぞれが、それぞれの未来に向かって向き合わないといけないときが来ますね
まだ、切羽詰まってない人も、そのうち考えないといけないときが来ます。

まだ、いろんなモノやことに執着があると一つづつ手放すのが難しいですが、そういう気持ちになった時こその向き合いの時間だと思います

もりんさんやご家族にとって、良い未来となりますように

- 鍵コメAさんへ - 2017年11月20日 18:59:14

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

そうですね、夫婦の暮らし
難しいですね。

いろいろと考えることはいっぱいあります。
それでも今、振り返ると
若くして他界したことが不思議です。

その後、私はひとり。
一人・・・って楽だけど孤独もある。
複雑な心境もいっぱいある。

ご夫婦が仲良くスーパーで買い物している時間帯に
スーパーに行きたくなかったことも
ありました。
時間が気持ちを優しくしてくれるのかなあ。

- ミオさんへ - 2017年11月20日 18:14:57

ミオさん、コメントありがとうございます。

ご丁寧に感謝です。

実は、人生、いつどうなるのかわからない。
そんな気持ちです。

実家を処分して娘の住む地域に
引っ越そうと考えていました。
ところが、
突然に舞い込んだチャンスに飛び乗って
転職をしました。そうすると、今の場所で
まだ数年は働いて生きることになりました。

まさか!です。そんなつもりはなかったのです。
しばらくはこの地で事務員をすることになりました。
これからも宜しくお願いします。

管理人のみ閲覧できます - - 2017年11月20日 10:46:33

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- ミオ - 2017年11月20日 00:41:57

メッセージを残して下さって、有難うございました。
トップページでなく此方のリンクを貼って下さったので、もりんさんを近くに感じる事ができたように思います。

お嬢様のお近くで過ごされる事、将来の不安も減少され良い選択だったと思います。
時間を掛けての準備期間も設けられて良かったですね。

私も父と主人の両親を看取り、今は母が施設で生活をしています。
数年前までは、行ったり来たりの生活でしたが、今は、私の障害が進んだので、顔を出す事しか出来なく成ってしまいました。
私達夫婦には子供が居ないので、此れから先の事は万端の準備が必要な時期に差し掛かって来ています。
母がいる間は頑張ろうと、思って居るのですが…後先解らない年齢に差し掛かると、どうしたもんか…と考えさせられます。

私も数年前から、身の回りの物を整理してスッキリ状態にしました。
物が少なくなると寂しくなるかなと思って居たのですが、掃除は楽に成るし無駄な衝動買いもしなくなりました。
じっくり処分するものと語らいながらのお別れ処分、時間も掛かりますが大切な時間だと思います。
お嬢様の元へと、ワクワク感に変わるのも近いですね。
またおじゃまさせて頂きますね。
此れからも宜しくお願いします。

- マルチ君の母さんへ - 2017年06月11日 15:43:52

マルチ君の母さん、コメントありがとうございます。

娘の提案はほんとに
有り難かったです。感謝でいっぱいでした。

でも、何度考えても
それは断るべきだと思いました。
今は、私も元気ですが
いつまで元気かはわかりません。

老齢化が進んだときに
これほど重荷になることはないのです。
私は「一人住まい」でないといけないと
強く感じました。
わが母のことで学習している私には同居はしてはいけない事だと
思います。

- マルチ君の母 - 2017年06月10日 22:16:25

一緒に住もうと
言ってもらえること
本当に本当に羨ましい言葉・・・・

娘の口からは
絶対に出ないだろうなとも思いますし

私も
母との同居を考えられません

そういう育て方をされたことが
本当に素晴らしいと心底思います・・・・

- 鍵コメKさんへ - 2017年06月06日 17:10:18

鍵コメさん、コメントありがとうございます。

お返事の順番が前後してしまいました。
ごめんなさい。

鍵コメさんは、お仕事を
休もうとされているのですね。
そうですよねえ、この仕事、ハードですもん。

私は自分の生きる将来に、さらにお金が
必要なので
せっぱつまったところの決意です。
とにかく働いて、少しでも貯金にまわさないと
いけないという現実問題が
私を奮い立たせているようです。
それなりの形でお互いに頑張りましょうね。

- ぴあ野さんへ - 2017年06月06日 15:50:31

ぴあ野さん、コメントありがとうございます。

さすがに、ぴあ野さんのお母様は、
賢明な判断をされましたね。

今まで、私は自分の母の看取りのことで
頭がいっぱいでした。
ですから自分の将来のことを
まだ曖昧にしか考えていませんでした。

「介護する側」から突然、「介護される側」に
なったのです。
とても妙な感じです。

それでもこういう事は早く考えておくほうがいいと
しみじみ思います。
私と兄はそういうことを話す機会がありませんでした。
だから今、壁にぶつかっています。

- ラムネさんへ - 2017年06月06日 13:42:35

ラムネさん、コメントありがとうございます。

これからどうしていけばいいか
どうするのがベストかはわかりません。

そう考えると
一人の暮らし、特に大きな蓄えがない今、
ほんとうに不安定です。

自分の意志とは違うこともあります。
でも仕方ないですよね。
今までの暮らしを振り返って
いかに気ままに、自由にテキトーに
過ごしてきたかを感じないわけにはいきません。

これからは少し早めの終活をすることになります。

- カミさんへ - 2017年06月06日 12:20:59

カミさん、コメントありがとうございます。

私の母も大量のモノを残しています。
片付けるのが一苦労です。
まだ、半分、残ったまま。

自分の部屋だってできないのに
母のところまでは
億劫です。
でも、それはいつか娘たちへの肩にかかるのであれば
申し訳ないから今のうちに
私が処分しないといけない。

考えたら「死ぬ」って大変なことですね。
飛ぶ鳥跡を濁さず・・・というわけにはいかないものかしら。
母のことで考えることが多いです。

- ぴあ野 - 2017年06月05日 21:50:18

なるほど、こういうお話だったのですね。
もりんさんは、お若いから、まだまだいろいろな選択肢があると思います。
具体的に年限を切って、ご準備ができるのも良いですね!

ここで義父母と敷地内別居を始めると決める前、
私は自分の実家の近くに住みたかったのですが、
母に、「私が年をとったら、ここに住んでいるかわからないから、やめなさい」と言われ、とりあえず、母よりずっと高齢の義父母の介護を念頭に、
こちらに引っ越すようアドバイスされました。
今、それって正解だったなぁと思います。(さすがでした!)
私自身は、義父母の介護が済んだとき、将来について、もう一度、
考えるつもりです。(まだ義父母の介護は始まってもいないけれど)
この街は、私が仕事を続けるには便利ですが、ずっと住みたいと言う気持ちには
まだなれなくて・・・未練はありません、これから先も多分。
夫は育った街ですから、思いもあるでしょうけれどねぇ・・・

管理人のみ閲覧できます - - 2017年06月05日 20:38:56

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- ラムネ - 2017年06月05日 20:17:03

もりんさん こんばんは。

実家業廃業とのこと。
家は古くなると、あちこちガタがきますからね。
娘さんのお近くだと安心だと思います。
(娘さん側から考えてもすぐ駆けつけられるので)

女優の高峰秀子さんは、大きな古いお家を3部屋
だけの平屋の小さなお家に建て替えされたのは
たしか60歳ぐらいの時だったと思います。

気力体力があるうちに、いろんな選択肢の中から
最善な道を選べると良いですね。

- カミさん - 2017年06月05日 18:48:35

こんにちは

わたしも、そういう事を考えたりしています。
今は夫婦二人暮らしですが、夫がもしなにかあって一人になったら、今住んでいる家を処分して、一人で小さく暮らせる場所に行こうって。
実は今、義父母の住んでいた家を片付けています。
義母はとてもしっかりとした方でしたが、主のいなくなった家は、物であふれかえっていました。
でも頑張って、少しづつ片付けています。
が、これほどのものをいったいどうしてという思いと、自分が亡くなった時に娘にこういう事をさせてくないという思いが、手を休めると湧き上がってきます。
もりんさまもお母様を送った今が、新しい一歩を踏み出す良い機会かもしれません。

管理人のみ閲覧できます - - 2017年06月05日 18:41:32

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- きこさんへ - 2017年06月05日 15:11:11

きこさん、コメントありがとうございます。

ごていねいに気をつかっていただき
こちらこそすみません。
きこさん、いつもありがとう。

全くどういう形になるのかはわからない状態です。
希望は
今の家を売却して
安ボロアパートで、すべてそぎ落とした
小さな暮らしができたらなあと思います。

それが可能かどうかはわからないのですが。
娘の申し出は有り難いのですが
今のいい関係を保つには距離が必要かなあと
思います。
きこさん、わたし、あきらめないで前進していきたいです。

- きこ - 2017年06月05日 14:56:31

新しい暮らしに向けて歩みを進める!の始まりなのですね。
しなければならない煩雑な事も多いでしょうが、娘さん宅の近くに快適な住まいがどうか見つかりますように。
前回のコメントに住み替えマンションなんて書いて失礼しました。
これからは家族の近くが一番ですし、スープの冷めない理想の距離でもりんさんの楽しく安心な暮らしを願っています。

娘さんご夫婦が強く同居を進めてくださるなんて、なんて嬉しいことでしょう。
娘さんに気持ちがあっても配偶者の気持もあるもので、同居はいずれも難しいものですものね。
もりんさんに心やさしい娘さんとお婿さんがいらっしゃること、私まで嬉しくなりました。

- ヨッシィーさんへ - 2017年06月05日 14:46:49

ヨッシィーさん、コメントありがとうございます。

はい、今は、その気持ちで進んでいきたいです。
いろいろ、ズルズルと
考えを引き延ばしていましたが
母の死が大きなきっかけになりました。

私が元気なうちに処理しておかないと
あとが大変です。

私と兄も、母の生前になにも話さなかったから
大きな誤解がうまれました。
こんなことのないようにしたいです。

はい、おうち美術館は写真にとどめて
心の思い出にしておきたいです。
気持ちだけですが前進です。

管理人のみ閲覧できます - - 2017年06月05日 14:06:11

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- ヨッシィー - 2017年06月05日 13:06:27

こんにちは、もりんさん
今は、気持ちもスッキリしていますね 娘さんたちとじっくり話し合ったからこそ
決まった結果に満足されているのですよ

小さく住むとしても、おうち美術館は存続させないとね
写真で残す方法もありますから、ゆっくり考えて行きましょうね

- 布遊子さんへ - 2017年06月05日 09:52:07

布遊子さん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

おかげ様で、娘たちのことは有り難いです。
特に、LINEで方々に住む娘たちと
同時につながるのが
何より便利です。

家族共通LINEで一つ送れば
全員につながるので楽ですし。

今までは私が母を「看る側」でした。
けっこう強気で母に接していました。
ところが今度は私が「看られる側」になりました。
とたんに私、ちょっぴり弱気 (笑)
ああ、布遊子さん、人生順番ですね。

- ぴいさんへ - 2017年06月05日 09:45:58

ぴいさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

「墓守」ってよく聞きますが
これからの人は大変ですよね。
お墓のある場所に住まないことも多い。

私の兄も遠くに住んでいるので事実上は
嫁いでいる私が実家の墓守をしてる状況です。
私が引っ越しをすると兄夫婦は慌てるかもしれません。
今後、お墓問題は社会的に大きくなるでしょうね。

私は夫の遺骨を海に散骨してよかったとしみじみ思います。

ぴいさんのお母様との距離、ちょうどいいですね。
車で5分・・・理想的ですね。あこがれます。

- 布遊子 - 2017年06月05日 09:41:56

もりんさんは娘さん達と
何でもお話になって
とっても仲良しさんなんですね。
なんだか姉妹みたい。心強いですね。

- パーネルさんへ - 2017年06月05日 09:34:59

パーネルさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

まずはお母様、よかったですね。なんだか私まで嬉しいです。

私は今までは「実家の存在」はアリだと思っていました。
子供たちの「帰る場所」は続けたかったのです。
それが可能な人は続けたらいいと思いますが
私の場合は、不可能のほうが大きくなってきました。

まだ、なんとか働ける体力のある間に
決断がいると思うようになりました。
ですけど、そうなれば様々な問題も生じるのです。
この家の売買です。
これが大きな課題です。
これが現実化しない限りは次に進めません。
これも一人でしないといけないから大変です。
それでも前に向かってとにかく歩いていきたいです。

- Happy☆さんへ - 2017年06月05日 09:19:53

Happyさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

そうなんです、ちょうどいいきっかけができました。
母の死が予想より早かったのですが
(といっても95才ですが)
次なる老後の注目人物は誰か?
「わたし」になるのです。

今まで「看る側」だったのが
一瞬にして「看られる側」になりました。

不思議なことがあります。
「看る側」だったときの私は強気でした。
ところが「看られる側」になったとたんに
けっこう「弱気」がでてきました。
高齢問題、様々は方向で考えは変わりますね。

- 鍵コメMさんへ - 2017年06月05日 09:11:03

鍵コメさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

エールを感謝です。
次なるステップが踏めると思うと
嬉しいです。

夫も逝き、最後の砦の母も
いなくなったらここに住むという意味は
なくなりました。

新天地で小さく小さく暮らすことが
自分には合っていると思っています。
そのためにも訪問介護の仕事を積んで
新しい場所で頑張ってみたいです。

- ぴい - 2017年06月05日 09:09:53

維持するって大変ですよね。
私も改めて考えさせられました。

嫁ぎ先の今の家は本家で周りに親戚がかたまっていて
裏には先祖代々のお墓もあります。
現在一人で暮らしている息子は
「この家は一人では見切れない」なんて言います。
私一人になったら・・・?
息子が帰ってこなかったら?と・・・。
考えてもしょうがないので。
なるようになるさ。

実家は車で5分ほどのところに母が一人暮らし。
毎日顔を合わせていたら言わなくてもいいことを言って
傷つけてしまいそうなので。
そのくらいがちょうどいい距離だと思います。

- パーネル - 2017年06月05日 09:05:55

もりんさん、おはようございます。
昨日の〝実家廃業〟〝移る〟の記事、わたし自身の問題でもあり、
胸に迫りました。

わたし、子どもたちのためにこのささやかな〝実家〟を続けていきたい、と
思っていたつもりでしたが、それは〝実家廃業〟に伴う諸々の
面倒くささから目を背けていただけかも知れない。

情緒的な言い訳より、現実的な事情が迫ってくるわたしです。

(母のこと、お気遣いありがとうございます。
退院が近づいてきました。今後もひとり暮らしは続けるつもりのようですが
…どうなることやら…心配です。)

- Happy☆ - 2017年06月05日 08:30:02

何かきっかけが無いと なかなかこのような判断をするには至らないですよね・ 
娘さん達が同居を提案してくれた事だけで 気持ちは満たされますね^^ 

最近は私の周りでも一人で自由に暮らしたい…特に(#^.^#)動ける間は…という方が多いです・ 

同じマンション1階の94歳のおばあちゃまは つい最近までお一人で趣味を楽しんで自由に飛び回って(笑)おられました~

でも腰を痛めてからは一時入居のホームと 娘さんが来られる時は自宅でと 
交互の生活になりました。

同居はしないんですって(笑) それが出来るって恵まれてるんでしょうね~

もりんさんはまだまだお仕事も出来るしお若い(^^♪  第2?3?の人生のスタートに 新しい地を!って勇気もいるけど いろんな意味でリセットできますね☆ 

私は今でも 何処か遠くで自由に暮らしたいな。。。と ちょこっと思ってます。。。動けるうちに~なんてもう無理ですけどね^^

もりんさん^^じっくり準備して 健康第一にマイペースで進んで下さい!!

管理人のみ閲覧できます - - 2017年06月05日 07:56:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- 婆で~すさんへ - 2017年06月05日 07:55:11

婆で~すさん、おはようございます。

コメントありがとうございます。

そうですか、ご主人様は通っておられるのですね。
お疲れ様です。
婆で~すさんのご実家は取り壊ししたのですか。

これからは家族の形態が違ってくるから
「実家」が遠くの存在になってきていますね。
私も決心したら
手放すことが一番、いい解決策だと思うように
なりました。

手放すその日まで、十分に楽しみたいです。
高齢住宅は維持が大変ですものね。
住まいも人も「老々」だと困りますものね。

- 自遊自足さんへ - 2017年06月05日 07:42:15

自遊自足さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

自遊自足さん、大変ハードな日々をおくっておられるのですね。
お疲れ様です。
私だったらできるだろうか・・・と
考えましたが大きな負荷があると
勝手に思うしだいです。

自遊自足さんは、サラリと書いておられるところが
すごいなあと思いました。

私は今、「私の老後」が家族の問題になっています。
今までわが母の介護だったから看る側でした。
順番てくるのですね。
自遊自足さん、どうぞお体、ご自愛くださいね。
また教えて下さい。

- 婆で~す - 2017年06月05日 05:42:21

そうですか。。

実家を維持する なんかなか大変ですよね

我が家も 爺さまが毎月帰省して維持をしていますが

経済的にも大変です

婆の実家はとうとう取り壊してしまいました

やはり維持が大変だからです

娘さん達と近くに住めるといですね

実家を片付けながら 森さんと同じく

最低限のものしかいらないということに気づきました

今は ものがあふれています

処分に困ってしまうし 

婆もこれから整理しようかなと思っています

- 自遊自足 - 2017年06月05日 04:46:48

私は月のうち二週間づつ大宮と東広島の双方の実家の両親の介護で行ったり来たりしてます。確かにつかず離れずの生活が楽だな~って思ったりしますね~ あと一週間後に大宮での生活開始で~す

トラックバック

URL :

プロフィール

ナツメ3

Author:ナツメ3
いわゆる未亡人(森須もりん)
闘病の末の夫を看取り、その後
我が子同然の愛犬を16年目に亡くしました。
また、長い介護を経て、母を
グループホームにゆだねました。
子供は独立し、現在、パートの身分。今、やっと周りを
ゆっくり見渡しています。
看取りや介護から、「ひとり始末」を
意識。
後半人生を工夫したいと
シンプルライフ実践中。
体験から「介護する側の立場」の
発信を積極的に、おこなっています。

カテゴリ
タグクラウドとサーチ

> tags
愛人疑惑 サガン 悲しみよこんにちは 景徳鎮 紙芝居 実家売却 実家問題 実家を手放す 終活 ほめことば お茶目 金曜の夜 天丼 ひとりもの 小さいくす玉 早押しアンサー アマゾン お食い初め 蝋引き袋 ワックスペーパーバッグ さよなら子供たち 幽霊スポット 娘と私 フジコ・ヘミングの時間 ピアニスト シスレー 自己採点 いい人 自己評価 ストッキング 洗濯 ロールアップ 補聴器 放浪の王子 くるみ割り人形 バレエ シャツ 首開き ブラウス フランス人の先生 寝間着 キッドブルー 筍入り焼きそば 若い高齢者 78才 カリフラワーのから揚げ 納豆茶漬け 一般教養 フランス語 専門職 貴重な1分 指を切る オール巨人阪神 郷ひろみ 電話 若い上司 顔を覚える 雨傘 日傘 高菜 ラー油 家事が苦手 無言館 田園調布小学校 二つの顔を持つ女 引っ越し 自分への投資 好きなモノ カゴ 山口百恵婚約 ドンペリ バードウオッチング えび鍋 宴会 JAL カレー 尼僧物語 鳥料理 杉本 大磯 ニオイ 職場のニオイ 嗅覚 集音器 電話応対 箱根姥子 ドレッシング サイゲン大介 叙々苑 しゃぶしゃぶ 自分の将来 ケアマネ ヘルパーを依頼 職場の女性 ロッカー 家事代行 タスカジ 杢グレーのタイツ ピザの台 山芋を細く ナン 怒りうどん お好み焼きの変化球 仕事に集中 仕事に興味 気分が低下 弱気 ウエストをマーク 天使 隅っこで食べる お弁当 家の宝 値打ちもの 青のりお粥 しらたきの卵とじ 数の子 ふしぎな人 第一関門 忘年会 箱シリーズ 羊羹の箱 ティファニー カハラホテル おひとよし 職場 遅咲き 強さの秘密 卑しさ 職場のクリスマス クリスマスケーキ 通勤の服 オレンジ 職場のいじめ 女性たちの空気 仲間はずれ とんかつ 大人の暮らし 孫のいる空間 家の処分 手押し車 教師 利用者さん カーキ色 なにもしないお正月 黄金虫 足ながおじさん オシャレ 装い 旅行の写真 頑張ること 苦手なこと 新年 ぼちぼち プロ集団 クレイジー・ホース 東京競馬場 府中市 巨大空間 イジワル ベテラン 先輩のいじめ 私の足 いやがらせ ソックス 感謝 丸襟 水菜 しらす 豆腐メニュー 胡麻 職場の男性 職場の挨拶 居場所 私のやり方 私の自信 外見にこだわる 遺影 吉野家 孤立感 新しい自分 職場での自分 疎外感 冬の白 白のセーター 白の靴 部屋の片づけ 処分するもの 煙たがられる アリの世界 集団の構図 攻撃対象 コタツの中 鶏のから揚げの保温 保湿クリーム アイライン 髪をカール 旅館の女将 三か月 客室乗務員 キャベツ炒め キャベツレシピ 明るめの色 さし色 緊張がピーク 書類作成 応用が必要 市川 大黒家 カッターナイフ コピー機 イタリア語 栗原はるみ 帝国ホテルのポテサラ 研修中 書類の申請 舌打ち 母の死 怒涛の一年 昼休み 振込 ハワイのショップ 転職三か月目 カッターを使う 紙を切る 不器用 素朴なラーメン 屈辱感 不平等 から揚げの作り方 料理の哲学 されど年齢 外国語 転職 疲労 サルサソース 里芋を蒸す あてなよる ダウン フェイクファー コートの中 シメサバ 与作は木を切る 余白 新しい職場 書類 嬉しかったこと 帝国ホテル スーツ ヒール スカート 登録雇用 ヘルパーの現状 ギャラリーラファイエット 井上保美 ブリーフケース マカロニサラダ 豆腐のから揚げ 私的時間 時間がない コンビニランチ 黒いメニュー 職場でコーヒー コーヒー 宝石が似合う 80代女性 ジュエリー 誰でもミス 慌てるとミス 銅のポット 藤田嗣二 木の器 乳白色の肌 希望の星 同情の星 熟年の新人 アイドル 新人君 焼きそば 冷凍もの 国産ウナギ 市販のうなぎ ヘルパーは接客業 スナックのママさん 艶っぽい会話 玉子をラップ 板チョコ ハイハイの返事 ワガママをきかない 風邪 バカ真面目 新人同士 緊張 マッサージ IKKO オイル むくみ 干したえのきだけ ブルーチーズ トートバック 洗濯ばさみ 日曜のヘルパー コタツのこだわり お茶くみ 職場の顔 エビのお焼き チンゲン菜 炒り卵 退職したひと 御中 優秀な人 宛名 キュウリ 旬の味 ハチク キュウリの丸かじり キノコ鍋 味の感覚 帯状疱疹 仕事を覚えたい 自信 職場の虹 職場の花 年上の女性 二つの顔 運動オンチ 運動会 練習は裏切らない 新人 優秀なひと 自信のある人 平松洋子 秋田の杉 職場の本 秋は読書 空想家 資格 紛れ込む 文学少女 少女のころ 美容代 ダイエット中 地味なお弁当 見えない流れ 酒場放浪記 お粥 将来の夢 長寿の母 未来予想図 質問 料理上手の友人 ロッカールーム スリップ 魅力 コンパクト カビ臭い 家のニオイ 古い家のニオイ 新しい生活 仕事の疲れ 明太子とチーズ 兄と妹 母親 私の定め 一か月目のOL スパイス 私の職場 素人 肉の水分 料理の失敗 今までの人生 胸をなでおろす 娘と口論 口論 2500円 クセのある人 だまされる アンテナ 俳句手帳 情報収集 学ぶ 練習 俳句 バイト 身代わりバイト できる人 仕事のできる人 ノート ミルフィーユ状 ラーメン 焼き豚 第三者 衛生状態 味見 告白 目玉焼きくずれ 半生焼き 冷凍納豆 皆が優しい オバサン 老けたOL 失敗 四角豆 長野土産 自分のペース オムツ替え 遠慮しない 料理上手のヘルパー 私は私 満点の味 イキイキ 外見 嬉しい ロシアンゲーム 味噌汁 プチトマト 土鍋 新ショウガ メモを取る ヘルパー交代 別所温泉 長野 口臭 加齢臭 信州 みそソフトクリーム 仙台 ピーナツニンニク カレー味大根 大根のカレー煮 老けてるOL ハイヒール 有休 ずんだ餅 やる気 出勤の時間 一時間前 チャレンジャー 句会 ハワイアン ラブレター 新幹線 井戸端パーティー OL 出勤時間 8時40分 けなげさと愚かさ 他人の目 勤務一日目 ドキドキ 買いかぶり タイトスカート チリソース 柚子 ジャガイモご飯 豆板醤 孤独もいい 船出 一人が好き キンカン 高熱 訪問ドクター 有給 ハードな日々 今後の運命は? 引き返す 退職 利用者さんの死 ボディミスト 肌のケア 日焼け止めスプレー 難儀した ヘルパーの素質 頼みやすい 三つのことば キャベツメニュー 別皿 夏のカレー 野菜カレー 一身上の都合 個人的な付き合い 足さばき フワリスカート シフト ビックリされたこと オクラサラダ キャベツサラダ 冷や汁 たった一度の人生 最後のチャンス 事務職 初盆 感情的 後悔 肩もみ ヘルパーの「売り」 裾上げ 娘たちがビックリ 波乱万丈 凹まないタイプ 思ったことを言う 手作りボタン 流行を追わない 風鈴のごとく 景品・粗品 メイク道具 「一人ファッションショー 洋服の多さ 水ナス お盆にあう野菜 ゴルフの手袋 慰労会 訪問介護従事者 ケアマネさん 箱を開ける 密かな楽しみ トイレのノズル 家事代行業 二層式 冷蔵庫の上 唐辛子にマグロ ヘルパーの身分 ブランド力 ブルーベリー 一人ファッションショー 出席は義務 ドレスコード 高速バス 駅なか 決断 作業着 色なしサングラス ヘルパーの制服 汗の滝 サイダー 暑いジサマの家 エアコン 感動の話 汗の塩 ガーゼ 高級品 インド製 お変わりない うながす コトバ選び 打ちっぱなし 人に言わない趣味 感情の高ぶり 上司のミス プレゼンテーション 将来の生き方 自分のため ワンルーム キャベツを煮込む たたみ方 家族の気持ち 外出禁止 家事支援 特大タコ焼き アサリ 使い切り鍋 娘さんとお嫁さん スーパーのカード 娘のところへ 将来問題 タッパー 食器 ラップをかける タッパーで食べる ヨーグルト メイクのブラシ 茶葉入れ オシャレな利用者さん ネイル お弁当の宅配 小さな日常 夜の街 バー シンガポール グリーンペパー モロヘイヤ みどり色のメニュー お手伝いさん扱い 敬語 優しい利用者さん 誰もいなくなった 事業所をかわる 繕う 木綿の寝間着 20年以上 自分の意志 7キロ減 太ったね PCの定位置 窓辺の書斎 理不尽なジサマ 焼き魚 料理の好み ジサマ 免疫力 野菜スープ ペースト状 コクのあるカレー 同僚のやり方 洋裁のできる人 食べ物を配る 割り切る お金のため 脱帽 丸首 お気に入り ヘアピン ファブリーズ にんにく臭 耳にたこ 変わり身の早さ 流転 決めかねる 生のナス 横綱あられ ナスの刺身 謝罪 お金持ち夫婦 料理のプロ バサマの変化 若い男性ケアマネ 紅い口紅 続け字 アインシュタイン 梅雨入り 俳句会 メモ魔 日記 母の罪 ティファニーの箱 ナスの時短料理 寝たばこ ハイライト 眉ペンシル マネージャー 暮らす張り お金持ちの家 高級な食材 おしゃれをしたい 自分の老後 お弁当箱 思い出の品 湯豆腐 モノを処分 どうしました? はーい! ニンニク 漬け込む エビ お金に細かい 30分にしてくれ 神経質なジサマ 水色の服 楽な服 明るい色の服 日常着 納豆スープ ラーメンスープ 私の将来 娘の発言 私の老後 器に配慮 重い食器 軽量の食器 堂々巡り支援 満足しない 神経質な利用者 カレーの前の料理 トマト入りゴーヤチャンプル タオルの使い方 ペースをつくる 有名旅館 新しい担当 慣れたらできる 布団を干す 私のドラマ 仕事続投 仕事意識 次のステージ 実家業 老後 廃業 ターニングポイント 古い家 家の劣化 波板 ヘタレの生き方 たたみかける 工夫の料理 凄腕ヘルパー 奥様は魔女 不思議なパワー 赤糸 重曹パック マイブーム 重曹 コンロの汚れ 決意 法律事務所 キレイ仕事 ニンニク醬油 納豆 だし巻き 運の悪い女 義姉 しあわせ顔 排泄 夏近し 爽やかに コロンブスの卵 白い靴 俳句の会 E5系 寄りかかる 恨まれる 家族といっしょ 洗濯の干し方 イニシアティブ 主導権 家族のサポート 妹さん 徹子の部屋 介護をしない妻 老々介護 夫婦の形 泉ピン子 凄腕 家政婦さんの涙 出せる人 逃げる 断る やってくれる人 再利用料理 ボンゴレ 残り物 スキヤキ お金の無心 母の葬儀 当たり前になる 兄夫婦 鍋ひとつ 献立 具沢山カレー 島らっきょう ゴーヤのおひたし サラダ油 きょうだいが疎遠 葬式代 母がいるから 言い訳 マドレーヌの人形 葬儀を終えて メープルシロップ 生クリーム 盛岡八幡宮 カレー一杯 安らかに眠る スプーン一杯 母が逝く 風船女子 雑草女子 隠れ鉄子 ハンプティダンプティ のどごし 高齢者の調理 長老様 研修先 ロト 日本の国番号 母からの自立 +81 ムンクの叫び ホチキス 紙ごみ 神経質 料理の速さ 味噌汁鍋 ジャガイモのきんぴら 母をおいて 研修会 病院の先生 心の自立 死の予想 親類 亡くなる日 おばちゃん 病院側 研修 点滴をはずす オムライス 玉子の活躍 冷凍チャーハン ミクロの工夫 久々の友達 潮風 大成しない ラッキーなヘルパー 死体発見 物静か 準気が上がる 俳句の身代わり 伝授 説得の仕方 先輩の知恵 仕事をゲット 幸せとみられる 私の幸せ 嬉しいコトバ 人生はお金? 経済破綻 お金持ち 看取りのお金 アイライナー 夜は考えない アロマオイル 手の込んだ料理 麺類 かまぼこ 娘さんの希望 子供の成長 私への批判 親子の考え 優しい家政婦 いい風向き 美味しんぼう 料理上手の友人ホタテガイ しめ鯖 新人が辞める いじめられた 寝込んだ経験 豚肉の薄切り プレゼン インスタントラーメン ソバの実験 お手紙 直談判 掃除のルーティン 便器 トイレ掃除 便器のふた 台所の棚 3のバランス 三つの法則 ホームと解約 ホームの経営 確約 厄介な存在の母 コーディネート ファッション雑誌 意地悪バサマ 同じこたえ 真逆の返事 母の話 混ぜ混ぜチャーハン 母の看取り 鶴の恩返し 渾身の手紙 テッセイ ギャレ 母のパジャマ 悔いはある 母の洗濯もの 今できること チーズをあぶる シュークリーム ちいさな暮らし 小さな単位 人生あきらめない 自分で探す 親子の道 「夜」と「昼」 夜の絶望 昼よありがとう 母の部屋 新しい事業所 話に乗る 蜘蛛の糸 山芋のお焼き 肉はお湯通し 上手く立ち回る 仕事を勝ち取る 楽勝 玉ねぎエッグ かつお節メイン タコとワカメ つぶれかけた病院 経営不振 神も仏も 春の装い 夢見る装い まずいので捨てた 料理を捨てた きゅうり きゅうりの天ぷら 口から栄養 お迎え 看取り 不幸話 半身を乗り出す ダンボのお耳 ワイドショー ポテサラの団子 トーフ ナス 胃ろう 点滴 家族側の接し方 ホームの職員さん ホームとの接し方 キャラメル 小さな動き 辛辣トーク 新人家政婦 攻め 3か月 病院を探す 母の病院 ブロ友 母の入院 春をキャッチ 手編みの靴下 代わりの訪問 笑いをこらえる 娘の励まし 無駄な正義感 すぐに忘れる 憧れのコーデ 夢見る洋服 トーフは切り分け 中華味 母の手 起こして! 手を離して! 混ぜご飯 山芋の天ぷら ファイトカラー 号泣のバサマ しゃべり続ける 恨み言 孫のこだわり 車を並べる こだわり ご尊名 病院様 脱水症 病名を持つ ふつうのひと 誰になろう 受け入れ病院 死ぬのは難しい 仕事量 環境がかわる 暮らしが変化 ピンク 部屋をかえる ブルー 色別に小物 根負け 老人ホーム 看取る 茶わん蒸し かぶらない献立 セロリのつけもの マックのおまけ 色別に並べる 苦労話 娘と母親 イメージの服 紅茶のティーバッグ スプーン置き 封筒 公務員様 セクハラ 転倒 通院介助 昨日の続き 90代ジサマ 病院好き添い 報告書の書き方 特変なし 簡潔な表現 報室 紙遊び ビンのキャップ 公務員 誇り高い人 公務員のジサマ

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
最新記事
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
カウンター
おすすめ